施工・工法・基礎

地盤調査等

安心な住まいづくりには、しっかりした地盤調査と確かな地盤づくりが欠かせません。
当社では、地盤調査の許可を持つ信頼できる調査会社による地盤調査や基礎地盤づくりを実施しています。 また、調査で得られた結果に基づき、地盤改良等現場にあった補強を実施しています。



ベタ基礎等

強固で防湿性を高める高さ400の鉄筋入りベタ基礎を採用することで、優れた耐震性能を実現します。
また、均等な基礎強度・通風環境を得られる基礎パッキンを採用。湿気による土台の腐食を防止し、地震に強く耐久性に優れた住まいをつくります。



在来工法

在来工法は日本の代表的な工法で、設計の自由度が高く狭小敷地や変形敷地での対応が可能。
開口部も大きくとれる利点があり、オリジナリティーあふれる家づくりが行えます。 また、木肌を生かした潤いのある住まいづくりができるのもこの工法ならではの特徴。 金物等によりきちんと補強することにより耐震性に優れた建物となります。



構造用面材

快適な生活環境を得るにあたって、住まいの耐火性・耐震性は重要かつ必要不可欠な性能。
暮らしと時代の要請に応える、防火・耐火性、耐久・耐震性、軽量性などの優れた性能を兼ね備えたダイライト(無機質エンジニアリングパネル)は、暮らしの安全性を一段と向上させる新素材です。



断熱性能

冷気・暖気の最大の侵入口である開口部に複層ガラスを採用。断熱効果を高め、冬暖かく、夏涼しい住まいを実現します。
当社では、冷暖房エネルギー消費量の軽減化を促進するために、壁内断熱材の厚さを75mm、天井断熱材の厚さを100mmとした省エネルギー断熱工事・開口部断熱工事を標準施工としています。



〈 当社採用の基礎パッキング工法の特性 〉

城東テクノ株式会社/キソパッキンロング

『基礎パッキング工法』は、コンクリート基礎と木質土台の間に基礎パッキンを一定のルールで配置する工法。 風上から風下へ、床下を自然換気で風が通り抜けるため、湿気がこもらずシロアリを寄せ付けない環境を保ちます。 基礎と土台を絶縁し、湿気を効率よく排出。 省エネ・耐久性向上・耐震安全性を実現します。

〈 24時間換気システム 〉

窓を開けなくても、専用の機器で室内の給気と排気(空気の入れ替え)を強制的に行う24時間換気システムは、お部屋の空気を常にクリーンに保つだけでなく、嫌な結露やシックハウス症候群防止にも役立ちます。 当社は、それぞれの住まいの特性に合わせて最適な24時間換気システムを採用。空気中のゴミや細かい砂、花粉などをシャットアウトしつつ、汚れた空気を確実に排出します。


PREV NEXT
PREV NEXT
<< PREV NEXT >>